このサイトは貸し別荘に関する情報サイトです。セカンドハウスをお考えの方、または貸し別荘をお考えの方に、貸し別荘のあれこれをご紹介しています。お役に立てれば幸いです。

2ndハウスは貸し別荘

>>貸し別荘の料金

貸し別荘の料金システム

多くの貸し別荘は、別荘業者が営業で生計を立てています。ということは貸し別荘の宿泊料金設定は、当然それだけで経営が成り立つものでなければなりません。そのためには細かなコストダウンは必要不可欠となるのです。つまり、あまりにも安い貸し別荘にはそれなりの理由があるというわけです。では、貸し別荘経営者はどのようなところで、コストダウンを計るのでしょうか。そして、そのコストダウンにまつわる問題点を見てみましょう。
賃貸物件でもコストダウンができたらラッキーですよね。

■ 建物によるコストダウン
貸し別荘の営業を始める場合、コストダウンの方法として一番大きなものは、古い建物を貸し別荘として使うということです。建物が古くても十分な手入れがされており、室内が丁寧に清掃・管理されていれば、問題はないでしょう。老舗の旅館など、古い建物でも問題なく営業している所もあります。しかし、適切な管理がされていない場合は、中の木が腐っていたりと後々になってほころびが出てくる恐れがありますので、古い建物を使うときは料金が安くても、清掃・管理がきちんとなされているかをよく見るということが大切になります。貸し別荘を選ぶ利用者側としても古い建物は味があって良いですが、ボロボロの建物は避けたいですよね。

■ 人経費の削減
これは読んで字のごとく貸し別荘版リストラというところです。人手不足を補うために大手の貸し別荘業者などでは、シーズン期の、大量の宿泊者を受け入れる頃には、アルバイトの人たちを多く雇っているケースが多いです。 この短期のアルバイトは、管理に不慣れですし、低賃金だった場合の士気の低下に伴うサービスの低下などが考えらます。そのため、経営者が利用者の苦情を直接聞きにくい立場になってしまい、問題点が改善されないまま残ってしまうというケースが考えられます。たくさんの別荘を抱える貸し別荘業者の場合は、特に注意しましょう。

宿泊料金のアップ

貸し別荘を探すときに、意外と良心的な料金だと思ったけれど、いざ貸し別荘を利用してみると宿のホームページに表記されいる料金より高くなっている場合があります。 そういった場合下記のようなケースが考えられます。それも考慮して、貸し別荘を探しましょう。

■ 人数による料金設定
例えば、10人用の貸別荘を9人で借りた場合、1人分不足するので9人で負担しないといけないケースです。 このように棟料金を設定し、1人当たり料金に換算してホームページに表記している業者があります。 この場合、最初の予定より人数が減ったり、希望人数の貸別荘が空いていなかったりすると当初の予算をオーバーしてしまう可能性があるので、貸別荘を借りるときは注意してください。 人数減により減額になるよう料金設定しているところもあるので、ホームページの表記をよく確認するようにしましょう。

■ 諸費用
貸し別荘の宿泊料金は、すべてを含まていることが分かり易いので、一番理想的な料金設定だと思います。 しかし、季節によって「冷暖房費」を設定するなど、実際の利用状況に合わせて料金を設定するといった場合もあります。 諸費用は業者によって異なり、リネン代、設備使用料、温泉利用料、車の駐車料といったものを含んで請求するところもあり、これらは人数割りで「宿泊料金」に含めて計算や比較をするようにしましょう。 諸費用を色々と取る業者の宿泊料金の場合、通常よりも貸し別荘の料金が安い場合があるので、注意するようにしましょう。 業者から見積もりを取って、宿泊者人数で割った料金で比較をするのが、一番安全な方法だと思います。

貸し別荘宿泊料金

貸し別荘業者の宿泊に対する料金の計算方法は、業者によって異なっているのです。 1人当たりの料金で計算することもあれば、一棟の料金で計算する場合もあります。 諸費用なども業者によって考え方が異なり、ホームページに記載されている方法で計算すれば、全料金を計算することはできるのですが、やはり業者の人に見積もりを出してもらうのがより確実です。 他の問い合わせするときに一緒に見積もりを出すように依頼しましょう。 その全料金を参加人数で割り、1人当たりの料金を算出し、比較するのが一番良い方法です。 もちろん、全料金のままで比較しても良いのですが、1人当たりの料金が他のタイプの宿泊施設と比較するときにわかり易いでしょう。 それに旅行代理店など通す場合、代理店の表示料金と貸別荘業者との料金が異なると言った場合もあるので、直接業者に問い合わせして確認した方がより確実です。

pickup

2014/11/25 更新

Copyright(c)2008. 2ndハウスは貸し別荘. all rights reserved.
種類  料金  探す時  貸し別荘チェック  別荘地をチェック  別荘内をチェック  営業許可チェック  チェック項目一覧  貸し別荘のマナー  ホーム